アイティーデンタル日暮里の診療室 インプラント治療と歯周病治療 治療の部屋

歯周病治療

歯周病治療は,難易度の高い治療方法も含めて複合的に進めていきます。重度歯周病の場合は歯を支えている歯ぐきや骨まで破壊されていることもあり、再生治療が必要となります。
精密な診断と確実な治療が専門病院の分野といえます。
失われた機能の回復として、インプラント治療だけではなく、歯ぐきや骨を再生させて天然歯との調和を目指すのがアイティーデンタル日暮里の歯周病治療です。

歯周病治療

歯周病(歯肉炎・歯周炎)の発症や症状、原因について

「日本人の8割が歯周病に罹患している」と言われる事があります。歯周病予備軍を含む数字ではありますが、多くの日本人が歯肉炎あるいは歯周炎に罹患しているのは事実でしょう。
年齢が高くなるにつれて歯周病の罹患率は高くなりますが、子どもの頃から歯肉炎の症状がみられる事もあり、年齢にかかわらず注意すべき疾患です。

歯周病について正しい知識を身に付けることが、効果的な予防・治療につながるでしょう。

歯肉炎と歯周炎とは?

歯肉炎と歯周炎とは?

歯肉炎とは、歯に隣接する歯肉にのみ炎症が起きている状態で、歯肉の下にある歯周組織 歯根膜(しこんまく)・歯槽骨(しそうこつ)には炎症が波及していない状態です。
これに対して、歯周炎とは、歯肉とその下にある歯周組織(歯根膜・歯槽骨)にも炎症が波及し、組織が破壊されている状態です。

歯周病治療

歯肉炎と歯周炎の発症  

歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込んだ細菌により、歯肉に炎症が起こります(歯肉炎)。歯肉炎が治療されず、進行して深部に炎症が波及すると、歯を支える骨(歯槽骨)は吸収されてしまいます(歯周炎)。歯周炎が進行すると、歯を支える骨がなくなるため、歯はグラグラになり、最後には抜け落ちてしまいます。
 
歯周病は、歯自体の病気ではなく、歯を支える歯周組織の病気であり、むし歯と同様に歯を失う大きな原因の一つとなっています。

歯肉炎と歯周炎とは?

歯周病治療

歯周病の検査(プロービング検査とレントゲン撮影)

プローブという専用の器具を用いて、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを測る検査を「プロ―ビング検査」と言います。歯肉が健康な状態では、ポケットは1~3mm程度ですが、4mm以上になると歯肉炎または歯周炎であり、歯周炎が進行するほどポケットは深くなります。
 
また、レントゲン撮影を併用し、歯が埋まっている骨の状態(どれくらい減っているか)を確認します。 これらの診査により、実際に組織が破壊されているかどうかを見て、歯肉炎か歯周炎の診断をします。

口の中だけではない!歯周病のリスクファクター

歯周病の直接的な原因はプラーク中の細菌ですが、生活習慣や全身疾患の中にも歯周病の進行に関連するリスクファクターがあります。
歯周病はいくつかのリスクファクターが相互に関与して発症・進行する多因子疾患(たいんししっかん)と言われています。
 
これらの要因を知り、適切なプラークコントロールを行うとともに、歯肉の抵抗力を弱める生活習慣や全身疾患の改善を行うことで、歯周病を予防することができます。

歯周病治療 の症例 初診時の写真とレントゲン
歯周病治療の症例(終了時) しっかりと噛めるようになって笑顔を取り戻しました

歯周病治療 症例紹介 1