先天性欠如

日本で唯一の先天性欠如(先天性欠損)専門の歯科医院

東京・日暮里に先天性欠如を専門に対応した歯科医院

永久歯が生まれつき足りない状態を言います。永久歯は、親知らずを含めて32本ありますが、生まれつき永久歯の元となる「歯胚」が足りず、生えてくるはずの永久歯が生えてこない場合があります。「大人になっても乳歯が残っている」という状態も、先天性欠損が原因となっている場合があります。
 当院の先天性欠損歯の治療は、特別に細くて丈夫なインプラントを使用し天然歯と同等な見た目と機能を回復します。

歯科医師と患者様との相談。治療は常に複数提示し、患者さんの希望に寄り添います
アイティーデンタル日暮里日本で唯一の先天性欠如(先天性欠損)専門の歯科医院

乳歯が抜けてしまった場合、これまでは、矯正治療により隙間を閉じて、歯並びや噛み合わせを整えていく方法が一般的でした。
しかしこの場合は、顎の小さい方(=お子さん)に向いている治療法で、永久歯がない部分の隙間は前後の歯を動かして閉じます。上下左右のバランスをとるために追加で抜歯する必要がある場合もあります。
ただ先天性欠如の部位や本数によってはバランスをとるのが難しくなる場合もありますので、細心の注意が必要です。

年齢や状況によって異なりますが、ブリッジなどの被せもの・入れ歯・インプラントなどで隙間を埋める治療を望まれる患者さんも年々増加傾向にあります。
ただし、ブリッジもインプラントもある程度、大人の咬み合わせになって顎の骨がしっかりしてこないとできません。それまでは、できるかぎり乳歯を温存するか、周囲の歯が倒れてこないように、入れ歯や保隙装置などを入れる必要があります。

乳歯が残っている場合、乳歯を抜歯するかどうかは長期的な判断に委ねられ、すぐに抜歯するとは限りません。
歯並びなどに悪影響が出ないよう、できるだけ乳歯を保存する方向で計画を立てます。

先天欠損の原因

先天欠損の原因について

歯の基となる「歯胚(しはい)」は、お母さんのおなかの中にいるときに作られます。一般的に、顎骨の中で乳歯の歯胚の形成が始まるのは胎生7週ごろで、胎生4か月ごろには歯が硬くなる「石灰化」が始まります。そして、個人差はありますが、生後半年ほど経つと、乳歯が生え始めます。
永久歯は6歳ごろに生え始め、12歳ごろには第三大臼歯を除くすべての永久歯が生えそろいます。驚くことに、一部の永久歯の歯胚も、お母さんのおなかの中にいるときに形成されます。
先天性欠如は、何らかの理由で歯胚が作られないことで起こります。乳歯にも永久歯にも見られ、1本もしくは2~3本だけ欠如することもあれば、まれに10本以上欠如することもあります。

先天性欠如がなぜ起こるのか、この明確な原因はわかっていませんが、次のようなことが原因として考えられています。

  • 遺伝によるもの
  • 薬物の副作用によるもの
  • 全身的な病気の影響
  • 妊娠時の栄養不足によるもの
  • 歯の退化現象として起こったもの

などが考えられると言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。
そのため、残念ながら予防方法もありません。

先天性欠如による影響

先天性欠如により永久歯が生えてこないと、乳歯が抜けずにそのまま残ります。
乳歯は永久歯が押し上げることにより抜け落ちますが、永久歯がない場合、乳歯は残ってしまいます。
しかしこの乳歯は一生残るかと言えば、そうとは限りません。
乳歯は永久歯と比べて歯根が短く、少しずつ歯根が吸収されていき、やがて抜け落ちてしまいます。また乳歯は永久歯と比べて虫歯になりやすいため、虫歯になって治療を繰り返しているとやがて乳歯を失ってしまう場合もあります。
いずれは抜け落ちる可能性が高い乳歯ですが、歯並びなどに影響を与えないためにも、しっかりと管理しておく必要があります。

インプラント手術は専用の滅菌ルームで行います

先天性欠如によるリスク

乳歯が抜け、歯がない状態が長期間続くと、問題やリスクが高まります。
当然ながら審美性(見た目)に影響が出てきます。
また、抜けた両隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合うはずの位置の歯が伸びてきてしまうことがあります。このような状態になると噛み合わせが悪くなってしまい、歯並びや咀嚼に影響が出てしまいます。また歯並びが悪くなるとプラークが溜まりやすくなるため、虫歯や歯周病の原因にもなります。
歯にはそれぞれ役目が決まっており、単に1、2本の歯が少ないということだけでは済まされない いろいろな機能的な問題が生じることがあります。左右的、前後的、上下的なアンバランスな状態から、上下顎骨の正常な発達が妨げられ、しいては顎の変形、顔貌の変形にもつながる事があります。
先天性欠如の部位、乳歯・永久歯に発現するパターンから問題が起きかたも変わってきます。

先天性欠如は一般的に7歳までに歯科医で問題がないか確認をしてもらいます。これは大人になってからよりも子供のうちのほうが治療がしやすいからです。
しかし、大人になってからでは遅いということではありません。
大人の方が先天性欠如のリスクは高いといえます。
隣の永久歯までも無くしてしまわないよう、十分な検査・診断が必要です。

先天性欠如の治療法

乳歯が抜けてしまった場合、これまでは、矯正治療により隙間を閉じて、歯並びや噛み合わせを整えていく方法が一般的でした。
しかしこの場合は、顎の小さい方(=お子さん)に向いている治療法で、永久歯がない部分の隙間は前後の歯を動かして閉じます。上下左右のバランスをとるために追加で抜歯する必要がある場合もあります。
ただ先天性欠如の部位や本数によってはバランスをとるのが難しくなる場合もありますので、細心の注意が必要です。

年齢や状況によって異なりますが、ブリッジなどの被せもの・入れ歯・インプラントなどで隙間を埋める治療を望まれる患者さんも年々増加傾向にあります。
ただし、ブリッジもインプラントもある程度、大人の咬み合わせになって顎の骨がしっかりしてこないとできません。それまでは、できるかぎり乳歯を温存するか、周囲の歯が倒れてこないように、入れ歯や保隙装置などを入れる必要があります。

乳歯が残っている場合、乳歯を抜歯するかどうかは長期的な判断に委ねられ、すぐに抜歯するとは限りません。
歯並びなどに悪影響が出ないよう、できるだけ乳歯を保存する方向で計画を立てます。

アイティーデンタル日暮里・

治療法は大きく分けて2つ

矯正治療

矯正治療によって、欠損している部分の隙間を閉じたり、今ある歯の本数で咬み合わせをつくり治療を行います。しかし、お子さんに向いている治療法です。上下左右のバランスをとるために抜歯する必要がある場合もあります。

歯が足りない部分を人工歯で補う

部分入れ歯やブリッジ、インプラント治療など、人工の歯を入れることで欠損している部分を補い治療します。しかし、ブリッジや部分入れ歯は人工の歯を支えるために、健康な歯を削る必要があります。

Before & After

最小限の侵襲で審美的にも機能的にも問題のない歯

先天性欠如症例紹介・手術前後の写真・レントゲンの写真・インプラント症例紹介
先天性欠如症例紹介・手術前後の写真・レントゲンの写真・インプラント症例紹介

先天性欠如 症例紹介 1

先天性欠如症例紹介・手術前の写真と・レントゲンの写真 コンピュータで計測
先天性欠如症例紹介・手術後の写真と・レントゲンの写真

先天性欠如 症例紹介 2

先天性欠如症例紹介・初診時の写真・レントゲン
先天性欠如症例紹介・治療後の写真・レントゲンの写真

先天性欠如 症例紹介 3