Implant

Treatment

インプラント治療とは?

失われた歯の部位に人工的な歯根を埋め込むことによって、
もとのような歯を取り戻すことができる治療です。

アイティーデンタルクリニックではインプラント治療により、
美しく健康的な口元を作り、笑顔あふれる生活 ”Quality of life” を目指しています。

従来の治療では自分の歯を削るブリッジやバネをかける入れ歯で治療を行っていました。現在ではこれらの治療は再び歯を失うリスクがあることがわかっています。

インプラント治療はそのようなリスクを回避できる唯一の治療方法です。

患者一人一人に合った治療計画を提示します

インプラント

Benefits of Implants

インプラントのメリット

自然な笑顔

インプラント治療は入れ歯のようなバネが見えることはなく、ブリッジのように健康な歯を削る必要がないため、見た目を天然歯のように回復することができます。

快適性

インプラントは骨と直接結合するので、自分の歯と同じように噛めることが可能です。家族や友人と一緒に食事をするときも気にせず皆さんと同じように笑ったり、楽しく食事をすることが可能です。

審美

インプラント治療の被せ物はセラミックスを使用できます。当院の歯科技工士が制作する被せ物は患者さん一人一人の歯の特徴にあわせて製作する完全なオーダーメイドで、天然歯のように自然な被せ物です。

噛みやすさ

インプラントは骨と直接結合することで被せ物を支えます。入れ歯と比べると食事の制限はなく、歯応えのあるものでも気にせず食事をすることができます。

虫歯になることはない

インプラントは「チタン」、被せ物は「セラミックス」からできているので、虫歯になりやすいと言われた方でもインプラント治療は安心して治療を行うことができます。

他の歯に影響を与えない

インプラント治療の最大のメリットは他の歯を削ったり、バネをかけないで済むことです。通常、歯を失うとブリッジなら「隣同士の歯を削る」、入れ歯なら「他の歯にバネをかける」ということが必要になり、健康だった歯まで悪影響がでてきます。
インプラント治療は歯を失った部位に直接治療を行う独立した治療です。健康な歯を犠牲にすることはありません。

いん

歯を1本失った場合
歯がないとどうなるか。
従来の治療方法
両隣の歯を削って、ブリッジを使用します。
両隣の歯を削って、ブリッジを使用します。
メリット
デメリット

インプラント

欠損部をインプラントで埋入し、両隣の歯を削らずに治療ができます。

欠損部をインプラントで埋入し、両隣の歯を削らずに治療ができます。
メリット
デメリット

in

歯を数本失った場合
歯を数本失った場合
従来の治療方法
金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。
入れ歯の治療 インプラント治療との比較
メリット
デメリット

インプラント

インプラントは天然歯と同じような安定性、機能、見た目を備えています。

インプラントは天然歯と同じような安定性、機能、見た目を備えています。
メリット
デメリット

in

歯をすべて失った場合
歯をすべて失った場合
従来の治療方法
歯茎全体を覆う入れ歯を使用します。
通常の入れ歯(総入れ歯)
メリット
デメリット

インプラント

インプラントで支えた入れ歯は安定感あります。

インプラントは天然歯と同じような安定性、機能、見た目を備えています。
メリット
デメリット

インプラント

インプラント症例紹介・手術前の写真と・レントゲンの写真
インプラント症例紹介・手術後の写真と・レントゲンの写真

インプラント 症例紹介 1

インプラント症例紹介・初診時の写真
インプラント症例紹介・初診時の写真

インプラント 症例紹介 2

診療室の風景 最新の機器を取り添えています

メンテナンス

治療後のメンテナンスによってインプラントの予後は大きく影響されます。日頃のブラッシングや定期健診など、患者さん自身のケアをしっかりと行い、長く快適にインプラントを使っていけるようにしましょう。

インプラントを支えている歯肉や骨は患者さん由来の組織のため、歯周病を予防するのと同様にインプラント周囲の組織を健康に保つのは非常に大切なことです。

FAQ
よくある質問

スイスのベルン大学で行われたインプラントの10年間の臨床研究では、511本のインプラントを使用し、成功率(97%)・生存率(98.8%)が報告されています。
ただし、埋入部位や埋入条件によって成功率・生存率は異なります。高い成功率を成功させるには正しい診断が必須条件です。

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間で支払った医療費の金額が10万円を超えた場合に、税金(所得税・住民税)が一部還付される制度です。還付される税金は、所得や支払った医療費の費用によって大きく変わります。
詳細は国税庁のHPをご参照ください。
www.nta.go

インプラント埋入手術の際には、歯を抜いたり歯を削ったりする時に使用する局所麻酔を使用します。また手術時間が長い場合は静脈内鎮静法を用いることで、寝ている間に手術を受けることができます。したがって、手術中に痛みを感じることはありません。

手術後には鎮痛薬(痛み止め)を服用していただきます。術後の痛みは、症例によって異なりますし、痛みの感じ方の個人差もありますが、通常の場合、鎮痛薬を数回服用する程度です。

インプラント手術では局部麻酔を行います。手術中は痛みを感じることはほとんどありません。治療中の音が怖い、緊張してしまうという方は静脈内鎮静法を併用する方法があります。 全ての方が「気付いたら終わっていた」という感想をお持ちになります。 恐怖心があるかたはぜひご相談ください。
また当院ではインプラント治療を開始する前にカウンセリングを必ず行います。小さな疑問点でもあると後々、不安に感じることも出てきます。治療の流れを理解することでインプラント治療の恐怖、不安を軽減できます。

インプラント治療の治療時間は1〜2本だと30分前後で終わります。まとめて複数本おこなうことによって手術時間が長い場合でも、 静脈内鎮静法を併用することで寝ている間に治療を終了することができます。

人間の歯の数は、乳歯で20本、永久歯では28本で、親知らずを含めると32本あります。 しかし、永久歯が生まれつき足りない人もいます。これを「先天性欠如歯」と呼んでいます。先天性欠如は病気ではなく、形成異常の一つです。小児歯科学会の発表では永久歯の先天性欠如者数の発現頻度は10.09%との報告があり、けっしてめずらしいことではありません。